So-net無料ブログ作成
検索選択
ひとつひとつへの想い …… [心の中の一風景]
[359-1] 20170504_1309
2017年5月4日(木) 13:09 [絞り優先F6.3・1/500秒・18mm・+1]


あの、失ってしまった木とその風景は、
自分の中で大切にしていた想いが強く、
撮り続けてきた特別な場所で。


でも、こんな風にふと出逢って撮るものにも、
撮ってあげたい、撮っておきたい・・・という気持ちが、
決して意識はしていなくても、
それが想いとなってシャッターを切っていること。

そうだった。

今、この目で見ている目の前のものを記録する(残す)ことが、
自分が写真を撮っている大きな意味の一つだったと、改めて・・・。




[359-2] 20170504_1305.jpg
13:05

そこに咲いていた水仙もいつかは枯れてしまうけど。

今、目の前で元気に咲いている姿を撮ってあげたいという思いが
きっと勝手にシャッターを切っていて。








[359-3] 20170504_1259.jpg
12:59

今にも壊れてしまいそうなボロボロの納屋も、
もしかしたら、次に見た時には消えているかもしれなくて。

だから今を撮ってあげたくてシャッターを切っていて。








[359-4] 20170504_1417.jpg
14:17

道すがら出逢った桜の木も、
形が良くなくたって、綺麗に咲いている姿を見たから、
今を、この時を撮ってあげたいと思ってシャッターを切っていて。





数少ない、自分にとっての特別な場所も大切に想い続ける。
いっぱいある好きな場所も何度でも撮ればいい。
ふと偶然に出逢って、一度きりシャッターを切るものにも意味がある。

心があればいい。

写真にはきっとその想いが写るから ^^



smile (44)  コメント(20) 
共通テーマ:アート

smile: 44

コメント: 20

よしころん

まさに「写心」だね。
心を映す。心を移す。心が写る。
by よしころん (2017-05-19 09:49) 

suzu*

そうだよ(*´ω`*)
大切なモノでもいつかなくなる。
どんなにあらがっても、ね。
だから「永遠」ってのは「今この瞬間」じゃないかって思うんだ。
想いを寄せた、或いは想いに通じる何かを感じたら撮る。
道端の錆くれて捻くれた針金一本でも
自分で感じるものがあれば。。撮る。
ウチもそうやってきてる。
by suzu* (2017-05-19 12:12) 

彩風

形あるものはいつかは無くなるものです。
心の中に残っていればそして写真で残すのも
ひとつの方法ですよね。
感じるものをそのまま写真に撮る、素敵です。
by 彩風 (2017-05-19 16:34) 

Inatimy

いずれは目の前から消えてしまうかもしれないものでも、
そこにいたという存在の証みたいなものが残ったら、嬉しいですよね。
誰も見てなかった、よりは、誰かが気づいていた、の方が^^。
by Inatimy (2017-05-19 19:21) 

ゆきち

写真、被写体の力を借りて自分の想いが表現されているのですね。
木はなくなっても写真は残り、そこには思いがいっぱい詰まっていて見る人に伝えることができる。
素晴らしいと思います^^
by ゆきち (2017-05-19 22:41) 

sasasa

写真に撮る事は、記録にも記憶にも残っていきますね。
それは、写真として残したMIKUKOさんの心にも、
そして、こうしてその写真を見せていただいた人たちの心にもですね(^_^)
by sasasa (2017-05-19 23:36) 

keizzo

納屋のくたびれ方がいい感じ♪
これからも形が変わっていきそうだね^^
何気なく撮ってしまうものって、自分の表現に合うものだったり
残しておきたいものだったり
時間が経ってから価値や意味が出てくるんだろうなと思います。

by keizzo (2017-05-20 00:23) 

okko

その気持ちをいつまでも大切にして下さい~~~~なんて偉そうに言ってしまいました。
その瞬間は、2度と訪れないでしょうから。
by okko (2017-05-20 16:42) 

engrid

心があればいい  感動の言葉
小さく、声にしてつぶやいていました
そう、そうなんだって、、
by engrid (2017-05-21 22:30) 

アヨアン・イゴカー

人間の建てた人工的な建物でも、その周りを樹木や花や草が取り囲むと、
一変して美しさが増します。それだけ、自然の力が偉大なのだと思います。
樹木や野草のない風景には耐えられない。
by アヨアン・イゴカー (2017-05-21 23:14) 

MIKUKO.

>よしころん さま
私の場合、心を写すなんて大そうな事は言えないし、
しかも出来ないので、想いが写ってくれたら万々歳だなぁ~♪
と思っているのであります(^-^)/
by MIKUKO. (2017-05-22 23:17) 

MIKUKO.

>すずちゃん
そだね。
永遠なんてものはきっと無いんだよね。
今の一瞬一瞬がどんどん未来に向かって繋がってく。
その軌跡そのものが人生の歴史なんだろうな。
って、なんかイイこと言ってない? あたし(笑)
錆びれたモノにも魂を感じるよね。言葉も聞こえるしね ^^
by MIKUKO. (2017-05-22 23:18) 

MIKUKO.

>彩風 さま
残す為に、写真という手段に委ねるようになって、
色んなことが変わってきて、感性も磨かれ。
良いことばかりで、悪いことなんて一つもない ^^
心、想いがある限り、どんどん写していかないと!ですね。
by MIKUKO. (2017-05-22 23:18) 

MIKUKO.

>Inatimy さま
そうなんです。写真は真実を写す為にあって、
そこに確かに在った、確かに生きていた証を残せたら、
それは素晴らしいことなんですもん。
Inatimyさんの言う通り、誰かに気付いて貰ったというだけで、
その被写体となったものたちは幸せなんだと・・・♪
by MIKUKO. (2017-05-22 23:18) 

MIKUKO.

>ゆきち さま
実際、想いが写るかどうかは難しいところですが、
それぞれの想いの重さに差はあるにせよ、
いつも想いを込めて撮っていることは間違いなく。
愛を込めてこてちゅを撮るのと一緒かな ^^
by MIKUKO. (2017-05-22 23:18) 

MIKUKO.

>sasasa さま
自分の個人的な想い出とか、その時々の感情などを
誰かに押し付けるつもりは全くないのですが、
その事実を共有し、共感してくれる人がいるのは幸せなこと。
写真って難しいので、そういう人が一人でもいてくれたら本望ですよ ^^
by MIKUKO. (2017-05-22 23:18) 

MIKUKO.

>keizzo さま
ボロボロの納屋は数々見てきているけど、
この納屋は、かなりイイ味が滲み出ていました ^^
今の状態でも積雪を耐え抜いているのが不思議なくらい。
写真の良いところの一つは、keizzoさんが言うように、
時間が経つほどにその価値や意味が深くなってくるものですね。
by MIKUKO. (2017-05-22 23:19) 

MIKUKO.

>okko さま
はい。大切にしますよ~、していますよぉ~ ^^
一瞬一瞬を撮り逃したくなくても、ついていけない時も多々ありますが(笑)
それってホントに悔しいんですよね~!
二度と訪れないから ^^;
by MIKUKO. (2017-05-22 23:19) 

MIKUKO.

>engrid さま
何に対してもそうだと思うんですけど、
心があればいい。
結局はそこに行き着くのかなって思っています。
心がない上辺だけって寂しいことですもん ^^
by MIKUKO. (2017-05-22 23:19) 

MIKUKO.

>アヨアン・イゴカー さま
こういう寂びれたものにこそ、木や草花が寄り添っているもの。
それは私が通して持ち続けているテーマでもあります。
自然には癒されてばかりですね。静かで逞しい命を感じることができる。
木も花も草もない風景は、私も耐えられそうにありません。
by MIKUKO. (2017-05-22 23:20) 

コメントを書く

誠に恐れ入りますが、訪問に対する “返礼コメント” はご遠慮頂いております <(_ _)>

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。